結婚式に自由を?

2019.05.21

結婚式に対しての概念は、みんなそれぞれ違う。

違って当然。

どこかしら憧れてる部分は、共通していたりするけど、それもそれで良い。

 

「結婚式に自由を」と、キングコング西野さんが主張なさったことは記憶に新しいのですが、私はあまり共感出来ませんでした。

 

自由は良いことだと思うし、そういう価値観の人が居るのも現代では当然のことと思います。

 

じゃあ、何に引っかかっているのかというと…

 

結婚式は、2人だけのものでは無いという想いが私にはあるからです。

 

自分たちが良いと思うものが、必ずしも招待する方々が良いと思うわけではありません。

 

自由と押し付けを履き違えている、もしくは自由の押し付けのような気がして、どうしても未だに受け入れ難い言葉となっています。

 

どうして結婚式をするのか?

そこのポイントを軸にして、その表現を自由にするということが、本当の意味での「結婚式に自由を」なのではないでしょうか。

 

 

今日は一切ふざけない

MC吉川直美